クリニックで行われる肝斑治療

肝斑は、30代から40代になると頬や額、鼻の下などに左右対称にできる薄い茶色をしたシミです。

目の周りを避け、目の下を縁取るように現れるケースもありますが、肝斑ができる原因は、女性ホルモンのバランスが崩れだと言われています。

大阪の肝斑治療のことならこちらのサイトをご覧ください。

女性ホルモンは30代後半から更年期にかけての時期や妊娠中、ピルを使用した時などにバランスが崩れるため、肝斑ができやすくなります。


また、過度のストレスや肌を擦ったりするなどの刺激によってもできることがあります。
閉経後になるとホルモンバランスが安定するため、肝斑が悪化することは少なく、人によっては薄くなることもあります。

しかし肝斑は自分で解消することは難しいため、美容皮膚科などで行われている肝斑治療が有効です。
肝斑治療には、ビタミンCやトラネキサム酸やL-システインなどの内服薬、ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬の使用、レーザートーニングという特殊なレーザー治療があります。
内服薬のトラネキサム酸は、メラニンの発生を抑えたり、ビタミンCは皮膚のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸生成を行う細胞をサポートし、強い抗酸化作用でメラニンの発生を抑制します。


L-システインは、メラニン色素の生成を抑え、過剰なメラニンを新陳代謝によって皮膚外に排出することができます。

満足度の高いWeblio辞書の特別な情報を載せています。

外用薬のハイドロキノンはメラニン生成を行うメラノサイトの活性を抑え、生成抑制し、メラニン自体の数を減らすことができ、トレチノインはターンオーバーを活性化させてメラニンを排出させる作用があります。



レーザートーニングは、特殊なレーザーを照射し、メラニンを減らしていくことで肝斑治療ができますが、同時に肌のハリやキメを改善し、毛穴の開きやしわの改善、リフトアップ効果も得られます。




Copyright (C) 2014 クリニックで行われる肝斑治療 All Rights Reserved.